新潟 引越し業者 おすすめ

新潟の引越し業者のおすすめ@安いお得なプランが見つかる

新潟 引越し 価格

新潟 引越し 料金

新潟 引越し 相場

新潟 引越し 見積もり

新潟 引越し 最安値

 

新潟の引越し業者で検索すると250件、新潟市だけでも110件以上ヒットします。
こんなにたくさんある引越し業者の中から、1社だけを選ぶのは大変です。

 

でも、引越し費用はできるだけおさえたいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。
大手から地元密着の引越し業者まで200社以上が参加しています。

 

新潟引越し

 

荷物の量や運びたい家財、エレベーターの有無などの引越し情報を1回入力するだけで、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

あなた自身の引越し費用の相場や最安値が簡単にわかります。

 

各会社のサービスや料金を比較して、お気に入りの引越し業者を見つけてくださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

新潟県
新潟市 上越市 三条市 長岡市 見附市 柏崎市 新発田市 十日町市 南魚沼市 魚沼市 小千谷市 糸魚川市 妙高市 佐渡市 村上市 加茂市 五泉市 燕市 胎内市 阿賀野市

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることが多いですから、簡単な手順を先に確認しておきましょう。

 

細かく見て行きましょう。
まず引越しというくらいですから引越し業者への見積もり依頼ですが、おそらく新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらいます。
市内引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越し業者の行う有料オプション

 

引越し オプション

 

引越し費用は、人件費と交通費とオプション費の合計金額となります。
引越しスタッフにかかる費用が人件費、トラックやガソリン代が交通費として、オプション費というのは何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションには、以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように必要な人だけがサービスを選んで、引越し作業にカスタマイズできるのがオプションです。

 

例えばエアコンは室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
しかも旧居で1回、引越し後に新居で1回の計2回も自宅に来てもらう必要があるので、手続きが面倒なんです。

 

その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

最近は盗聴や盗撮の危険が個人宅にも押し寄せています。
前の住人がターゲットだったのかもしれないですが、コンセントに内蔵された盗聴器が部屋に残されている可能性もあるのです。

 

そういう不安を払拭するためにも盗聴器の発見サービスもあるのです。

 

 

ダンボールの入手方法

 

新潟引越し

 

引越しの際に梱包資材としてダンボールが沢山必要になります。
大手の引越し業者は契約すれば最大50箱をプレゼントしてくれるところがあります。
便利なハンガーボックスは無料で貸出しという形が多いようです。

 

しかしダンボールは大き過ぎると荷物を入れすぎて重くなり持てなくなったり、底が抜ける危険があります。
ですから、あまり大きなダンボールは使えないのです。
大きいダンボールではないので、50個あっても足りないこともあります。

 

そうなると引越し業者に有料で追加購入するか、ホームセンターやネットで買うか、スーパーやドラッグストアなどでもらうなどして入手しなければなりません。

 

最近のスーパーではダンボールをお客様用に置いてありますが、多量の持ち帰りを禁止しているところもあります。
ドラッグストアなどでもらえないか聞いてみるのもいいですね。

 

ダンボールは3種類くらいの大きさのものを用意して、重い物は小さい箱に入れるなど持ち上げても底が抜けない工夫をしましょう。
さらに外から見て中に何が入っているのかわかるようにしておいてくださいね。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ゴミ

 

家の中に捨てずに放置された家具や家電はありませんか?
つまりそれは粗大ゴミですね。引越しの機会に一気に処分してしまいましょう。

 

粗大ゴミの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。

 

粗大ゴミを処分するには2通りの方法があります。
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という方法です。

 

Aの回収に来てもらう方法は、まず粗大ゴミの処理施設に電話をして、回収してもらえる日を予約します。
そしてコンビニやスーパーで販売している粗大ゴミシールを買います。値段は粗大ゴミの大きさによって異なります。

 

あとはこのシールを粗大ゴミに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれるのです。
粗大ゴミシールは回収手数料に当たりますので、粗大ゴミ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く方法でも、まずは粗大ゴミの処理施設電話で予約します。
予約の時に捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておくと間違いがありません。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
施設に到着したら、身分証を確認後に車の計量を行います。
粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

このときに100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

ここで一つ注意があります。家電リサイクル法です。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

リサイクルにはリサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

 

 

引越し業者を選ぶ基準

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。
  大きく分けると、
  1.お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
  2.とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社を見ても、
よい評判だけという引っ越し業者さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。
もったいないですよね。

 

=>そんな引越し業者は一括見積もりで見つかります

 

 

引越しのタイミング

 

新潟引越しにはシーズンがあります。
3月から4月のはじめにかけては、就職や転勤、入学、11月〜12月は転勤や長期休みなどがあり、これらを引越しシーズンと呼ばれています。
ですから引越し業者は大忙しで料金も割高になってしまいます。

 

また土日も引越しには最適です。
このことからも、できれば引越しのタイミングは引越しシーズンを避けることが一番なんです。
しかし引越しは自分たちの都合で決められるものではありませんよね。
引越しが決まったら早めに引越し業者を決めて都合のよい日程で予約をとりましょう。

 

できれば平日がいいのですが・・・引越しシーズンにかかった場合はやはり土日は料金も高くなってしまいます。
逆に1月2月は比較的に引越しにはお勧めで引越し業者の余裕もあるようなので料金的にも相談できるかもしれません。
またひと月の中でも月末に引越しを希望する人が多いそうです。
賃貸に住んでいたらお家賃の関係でギリギリまで引越し日を待つことが多くなるようです。

 

ですから逆に月初めや中旬などは比較的におすすめかもしれません。
値引き交渉にも有利かもしれませんね。
引越しの日程に余裕のある方はその点を考慮して引越し日を決めるといいかもしれません。
引越しはできれば平日か、引越しシーズンをはずして引越しをしたいものですね。